駐車場トラブル

岡山県のスーパーの駐車場で車が接触しそうになったことからトラブルになり、暴行された男性が2日後に死亡し、暴行した男が逮捕された。
亡くなったのは、無職・内尾秀則さん(63)。16日夜に、スーパーの駐車場で車が接触しそうになり、三宅光一郎容疑者(33)とトラブルになり暴行を受けた。
内尾さんは、翌々日の18日朝に急性くも膜下血腫で亡くなった。暴行された際に血管に異常がおきたと見られ、警察は詳しい調査を進めている。
数日後に障害がおこるのは珍しいことではない。東京都では、24歳の娘に頭を踏みつけられた52歳の母親が3日後に意識不明になり死亡が確認される事件が起きている。
交通事故などでも、事故直後でなく数日後に異常が見つかるパターンも多い。何が強い衝撃をうけるような事態に巻き込まれたらすぐに病院を受診してほしい。