視力が悪い人にしか見えない文字

「視力が悪い人にしか見えない文字」が書かれた画像がツイッターで話題になっているそうだ。

視力の良い人にはただの黒とピンクのドットが並んだような画像だが、実は画像の中にはうっすらと「みえたら目が悪い?ホントかな?」と言う文字が書かれているそうだ。この画像に対して「何も見えない」と言う人と「はっきり書いてあるじゃん」と言う人と反応が分かれているようだ。ちなみに「ディスプレイから離れる」「首を振る」「目を細める」などすると少し見やすくなるようで、視力が1.0以上ある人でもおぼろげに見ることができたそうだ。しかし文字が見えるということは視力が悪いということなので、逆に「見えてショックだ」と言う意見も多いようだ。

この画像はもともと海外で話題になっていた英語の画像で、今話題になっているのはサラリーマンクリエイターのヨシナガさんが2011年に制作した日本語版なのだそう。ネット上で広く拡散され、その後も定期的に話題になっているようだ。同様の画像は他にも多数作られているとのこと。少し前に流行ったドレスの色が人によって違って見える画像のように、人によってここまで見え方に違いがあるのかとびっくりする。