光を当てると画像が動いているように見える新技術

光のパターンを投影することで、止まった画像が動いているように見える光東映技術「変幻灯」が開発されたそうだ。印刷物、写真、絵画などを動かすことができるため、サイネージ、インテリア、エンターテイメント分野で活用される見込みだそうだ。プロジェクタを使って対象に映像を投影する技術「プロジェクションマッピング」が最近注目されているが、プロジェクションマッピングでは止まっている対象物が動いているようには見えない。そこで今回NTTコミュニケーション科学基礎研究所が視覚メカニズムの科学的知見を応用して変幻灯が開発されたそうだ。変幻灯では人間の目の錯覚を利用して、投影によってモノクロの動きのパターンだけを静止画に与えることで動画のような動きの印象を与えることができるという。決まった視点であれば3次元物体に対しても動きの印象を与えることも可能とのこと。3次元対象では透過型ディスプレイにモノクロの動きパターンを表示することで対象を動かすことができるそうだ。コンピューターの中で静止対象が動く映像を作成し、そこからモノクロの動き情報を取り出したものを投影すると、画像としては正しく動画になっていないが人間の脳は正しい動画だと近くするため、絵画や写真が突然ゆれたりしゃべったりするように見えるのだそうだ。人間の錯覚で動いているように見えるというのは何だか不思議な感覚だ。